【マイコン日記】 UARTで通信 (1)【78k0R】

| 0件のコメント

今回はマイコン => PCでUART通信をしてみる。

1. 基盤をいじる
デザインテクノロジNo8の付属基盤には, RS232Cコネクタがついていないため, 別途78K0R-BASE基板を購入しRS232Cコネクタを利用した。

注意が必要なのは用途によってBASE基板でショートさせる個所が異なること。センサなどアナログ入力を使うときは以下の2箇所をショートさせよう。

RXD0 ACL_DO(加速度センサ、照度センサ接続) JP6 CN6コネクタ
TXD0 ACL_DI(加速度センサ、照度センサ接続) JP8 CN6コネクタ

とてもスペースが狭いのではんだ付けは注意(`・ω・)ゞ

2. 接続
次に, PCとUART通信ができるケーブル(USB-RS232C RSABQ5, IOデータ)を接続する

3. PCに信号を送るプログラムをマイコンに書き込む
加速度センサ, 照度センサの値を送るもよし, SWを押したときなどユーザ要求があったときに送るもよし。工夫次第(´∀`)ノ

AD_SelectADChannel(ADCHANNEL8);		//ch select
		gFlag = 1;
		AD_Start();
		while(gFlag);
 		AD_Read ( &buffer ); 
     		AD_Stop ();
		lcd_cursor(0,1);
                //文字列にbuffer値を入れる
                sprintf(str,"LIGHT = %05i",buffer);
		lcd_print(str);
        // シリアル通信
                sprintf(sendData,"%05i\n",buffer);// 送信する文字列
                UART1_SendData (sendData,7); // UART送信の開始 (割り込み関数の実行)引数はbuffer値と送信する先頭からのデータ数(改行は含まれる)
                while ( gFlag );                    // txnum個の送信待ち

teratermなどで確認。
デバイスマネージャでCOMポートの確認、bpsなどの通信設定をして確認しよう。

流れを確認した所で, 次回は実際に照度センサの値をPC側で確認してみる。

コメントを残す

必須欄は * がついています