【iOS】inAppPurchaseの実装方法

| 0件のコメント

iPhoneアプリのPixelMonster(ピクセルモンスター)で友人とのバトルはアドイン機能で制限解除を行う予定です。
そこで、アプリ内課金を行うinAppPurchase(以下IAP) を実装する必要があります(`・ω・)ゞ

今回はIAPのサンドボックス環境の構築(Non-consumable)までを書きます(´∀`)ノ

アプリの購入履歴はAppleで管理されます。それ以外に付加情報をつけたいときは自前のサーバで管理しましょう。
製品はプロダクトIDで識別され、購入情報はユーザアカウントで管理されます。なのでユーザが購入後にアプリを削除してしまっても、再度課金が発生することはないですね。

以下、簡単な手順です。詳しくはApple公式リファレンスをご覧ください。

<手順>
1.プロダクト情報をitunes connect ⇒ アプリ管理 ⇒ manage inAppPurchase で登録
2.テストユーザIDを作成
3.導入したいアプリにStorekitフレームワークとコードを追加。シミュレータ上では動きませんので注意。
4.itunes connectでアプリの新Verを登録し追加したいプロダクトを参照する。
  サンドボックスでテストする場合にもバイナリのアップロードは必要となるで注意。
5.デバイスでテストします。実アカウントでサインアウト ⇒ 実機テスト ⇒ アプリ内でテストIDで購入処理

こんな画面がでます。(今回はエニアグラムアプリで試しました)

<詰まった箇所>
Qリクエスト送信時にinvalid product identifier が返される
A バイナリのアップアップロードを忘れてました(´・ω・`)

<注意>
テストユーザーでテスト用デバイスからテスト環境ではなく誤って本番環境にログインした場合は、アカウント情報が無効になり、以後テスト用アカウントとして使用できなくなります。

コメントを残す

必須欄は * がついています