【jQuery】クロスドメイン制約の回避【Plugin】

| 0件のコメント

二回目の記事投稿になります。S.Tsuruです。

今回は授業課題で作成したWebアプリケーションについて少し話をします。

***************************************
Webアプリケーションは授業課題であったため、クロスドメイン先のWebサイトには話を通さずに作りましたがWebサイトの情報を無断で利用することになるのでちゃんと連絡を取るようにしましょう。
***************************************

今回のクロスドメインで利用するのは、jQueryのプラグインのjquery.xdomainajax.jsを使います。

・jQuery
    http://jquery.com/
    https://github.com/padolsey/jQuery-Plugins

jQueryを読み込んだ後にjquery.xdomainajax.jsを読み込む。後は、通常通りjQuary.ajaxを使っていくだけです。
jQuery.ajax以外にも使えるようです。

$(function() {
   $( ).ajax{
     url : ”http://www.sample.html",
      type : "GET",
        success : function(data){
           // dataは取得したデータ
           // htmlをスクレイピングしたりできます。
     }
   )}
});
こんなに簡単にクロスドメインの制約を突破できるのはいいですね。
今回はこのぐらいで終わろうと思います。

コメントを残す

必須欄は * がついています