【iOS】TestFlightの使い方【UserTest】

| 0件のコメント

TestFlightはiOSアプリテストで、いちいちMacにつないでインストールという不便さを解消できるツールです。
距離が遠いひとにも配布を楽にできるツールです。リリース前にターゲットユーザに試してもらうのにとても便利だと思います。

私は頻繁に使うツールではなくいつも忘れてしまうのでメモっときます。
Developer視点の使い方です。

TestFlightの準備

1. TestFlight でユーザ登録
2. DashBoard > Invite Testers でTester(使って欲しい人)のEmailを入力する
3. Testerがメール確認すると、DeveloperはサイトでTesterのDeviceIDがわかる

iOS Provisioning Portalの準備

4. Distribution Provisioning ProfilesをAdhocで作成
5. TesterのDeviceIDを追加し発行
6. Xcodeのオーガナイザに発行されたProvisioningProfilesを追加
7. ビルドセッティングしてArchiveでビルド

TestFlightでUpload

8. 手順7で生成したIPAファイルをUpload BuildからUpload
9. Notifyボタンを押すと通知メールが送信される
10. iOS端末でメールを開いてInstall!

このスライドがわかりやすいです。

コメントを残す

必須欄は * がついています