【初級】はじめてのGoogleAdsense【広告】

| 0件のコメント

今回は GoogleAdsense を始めたい人用の記事です。

広告ユニットの作成

GoogleAdsenseのアカウントを作成しログインします。

コンテンツ -> 広告ユニット から 新しい広告ユニット を作成します。

create_ad_1

広告枠に必要な情報を入力します。

create_ad_2

保存してコードを取得します。

このコードはJavaScriptと呼ばれるクライアントサイドで実行されるプログラム言語です。
これがgoogleのサーバにアクセスして広告を取得してくれます。

これで広告枠申請は終了です。次は自分のWEBページに広告を掲載しましょう。

広告の掲載

HTMLは文書構造を示すファイルです。タグで記述していくためマークアップ言語と呼ばれます。

HTML にも JavaScript のコードは埋め込めることができますがファイルを分けた方が管理しやすいです。
今回の広告を呼ぶための JavaScriptコード も別ファイルにします。

例えば, adsence.js という名前でファイルを作成します。

ここで先ほど保存した JavaScript のコードを貼付けます。
今回はモバイルとデスクトップ環境で違う広告枠を使い分けるためにちょっと改造します。
document.documentElement.clientWidth でディスプレイサイズを取得します。

google_ad_client = "ca-pub-***********";

google_ad_slot = "**********";/* desktop ver*/

var _width = document.documentElement.clientWidth;
 
google_ad_width = 728;
google_ad_height = 90;
 
if (_width < 350){
    google_ad_slot = "**********";/* mobile ver */
    google_ad_width = 320;
    google_ad_height = 50;
}



GoogleAdsenseのパフォーマンスレポート->広告ユニットからリクエスト回数やCTRなどをチェックできます。

create_ad_3

[追記]
レスポンシブル版がリリースされていました。CSS(Cascading Style Sheets)を使います。







コメントを残す

必須欄は * がついています