【電子回路】LTspice IV for Mac OS Xを使ってみた【Simulator】

| 0件のコメント

作った正負電源回路が動かないので地道にデバッグ中…
LTspice IV for Mac OS Xを使ってみたのでメモります。

LTspice IV インストール

ダウンロードはこちらから。


$ mv LTspice.app /Applications

起動後, File > NEW > NEW SCHEMATIC で新規作成します。
既存ファイルを開く場合は, File > Open > 回路図ファイル(*.asc)です。

部品を追加するには, 画面上で右クリック > Drafts > Component でWindowを開いて選択できます。

シミュレーション

Runで実行して結線にポインタを当てることでprobeが表示されてその箇所の波形を確認できます。

ltspice

例はリニアテクノロジーのフライバックコントローラ(LT3798)。

外部SPICEモデルの登録

必要なSPICEモデルはメーカが公開しているケースや問い合わせるともらえるケースもあるようです。


/Applications/LTspice.app/Contents/lib/sym

にシンボルファイル(*.asy)を追加します。

画面上で右クリック > VIEW > SPICE Netlist でモデル定義を確認できます。

コメントを残す

必須欄は * がついています